スポンサードリンク






スポンサードリンク

2007年07月16日

サッカー日本代表、アジアカップ1次リーグ貫禄で1位突破

サッカーアジアカップ日本代表、対ベトナム戦、実力通りの勝利でした。アジアカップは1次リーグ初戦のカタールと後味の悪い終わり方だったので、少しだけ心配しましたが、本日のサッカー日本代表の戦いを見て、流石日本の実力はアジアカップの参加国の中では抜きん出たものだなあと改めて思いました。特に日本代表のパス回しはアジアの他国では到底まねの出来ない技術です。力強さの点では韓国、オーストラリアにはありますが、このパス回しだけは、今の日本代表しか持っていません。オシム監督の人も動いてボールも動くサッカーという戦術が徐々に浸透してきた証拠でしょう。

今日の日本代表対ベトナム代表戦は、FIFAランキングでは遥かに格下の相手。ただホームの圧倒的な声援、環境慣れはベトナムにも風が吹くのではという予想もありました。私自身は日本の5対0での圧勝を予想していましたが。ホームの声援に後押しされて、試合開始から目の色を変えてベトナムの選手は格上の日本に挑んできました。ただ惜しむらくはベトナムの選手でまともに日本と戦えるのはレコンビン選手くらいです。レコンビンとコンビを組むファンタインビンは先発ではなく、あくまで守備的な布陣を敷いた戦いしかできない今のベトナムは、現在の日本代表と戦うにはあまりにも戦力不足です。

対する日本代表は、個々の能力、センス共ベトナムを上回っています。特に今日は遠藤中村俊輔の活躍が目立ちました。中村俊輔の相手の先制を受けた5分後の左サイドを個人技で巻にあげたセンタリングは、中村俊輔でなくては出来ないものでしょう。体の切れを感じたプレーでした。遠藤は4点ともに絡む大活躍。日本代表では今まで今ひとつ実力を発揮できていない印象もありますが、今日の遠藤は違いました。一味も二味も。二点目となるフリーキックは相手の壁がやや雑だったせいもありますが、狙ったところに蹴れる技術は流石の一言です。はようやく得点が取れました。しかも2点もやっと目覚めた大器ということでしょうか。

さあ、次は、宿敵オーストラリア。オシム監督の戦術の伸等を本当に図る絶好の機会です。
日本代表は昨年のドイツワールドカップオーストラリアには苦杯を舐めさせられました。中村遠藤駒野にとってはリベンジの機会です。絶対に勝ちましょう。サッカー日本代表頑張れ!

サッカー日本代表対ベトナム戦の画像はこちらへ






サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ



posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48122689

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。