スポンサードリンク






スポンサードリンク

2007年05月25日

ミラン、リバプール戦、選手の評価

昨日のヨーロッパチャンピオンズリーグの決勝、
ミランがリバプールに勝利しました。

ミラン対リバプールの熱戦の模様は昨日お伝えした
通りです。

今日は昨日のミラン対リバプールの各選手の評価
(スポーツナビ提供)をお伝えします。

<ミラン>

ジーダ 6.5  

常に注意深く正確なプレー。
終了間際のカイトのゴールはどうしようもなかった。
彼にとって最も大事な日に周囲を納得させるプレー
を見せた。

ヤンクロフスキ 5 − 

ミランのピンチは彼のカバーするエリアから生まれていた。
タックルには正確性を欠いたが、コンスタントな攻撃参加
で前線の選手に数多くのボールを供給していた点は評価で
きる。


オッド 6  

右サイドから何度もクロスを上げていたが、リーセの突破
を抑えるためそれほど前に出ることはなかった。


マルディーニ 8 

39歳で、8度目のチャンピオンズリーグ決勝にして、非
の打ち所のないプレー内容。完ぺきとしか言いようがなか
った。

 (私のコメント)
  マルディーニがこの試合にかける意気込みが感じられる
  出来だった。39歳でこのプレーは驚嘆に値すると
  感じた。


ネスタ 6.5  

ミランの守備陣を支え、必要があれば体を投げ出してでも
ジェラードやそのほかの選手たちのシュートを阻んだ。

 (私のコメント)
  マルディーニと共に、ディフェンス陣の中核として
  活躍が目立った。
   

ピルロ 7  

1点目は半分彼のもの。数多くのロングパスも素晴らし
いものだった。いつも通りチームに欠かせない選手だった。

セードルフ 5.5 

あまり目立たず、シュートに持ち込む場面もわずか。


ガットゥーゾ 6  

必死に闘っていたが、リバプールの強力なMF陣に
与えられたスペースをいつも適切につぶせたわけではなかった。


カカ 6.5

過去数試合ほど圧倒的な活躍ではなかったが、インザーギの
2点目の場面では絶妙なアシストを供給し、終盤はチームが
高い位置でプレーするのを助けていた。
いずれにしても、今季のチャンピオンズリーグでのミランの
栄光への道のりは彼に負う部分が非常に大きかった。

 (私のコメント)
  カカの存在は、チャンピオンズリーグ全体を通して、
  ミランに欠かせないものであった。決勝戦は上のコメント
  通りのものだったと思うけれど、
  私の評価は7〜7.5です。


インザーギ 7.5

生まれついての得点感覚を生かした“インザーギらしい”
2ゴールでアテネの英雄となった。常にリバプールのディフェ
ンス陣を悩ませていた。


<リバプール>

レイナ 6.5 − インザーギの1点目は不運なもので、
責任はなかった。2点目の場面ではインザーギにうまくかわ
されてしまったが、それまでの飛び出しは常に安定していた。


キャラガー 6 

"レッズ”(リバプールの愛称)の守備陣では最も良いプレー
をしており、特にハイボールからの危険をうまく回避してい
た。低いボールに対してはそれほどではなかった。


マスチェラーノ 6 

中盤の組織を整えていたが、ミランのMF陣のプレスにかなり苦しんでいた。

ジェラード 6.5 

ボールを持つたびにミランの守備陣にとって危険な存在となって
いた。シュートは多かったが、枠をとらえることはできなかった。


リーセ 6 
 
オッドの攻撃参加を抑えるという意味で、彼の突破は戦術的に
貴重だった。シュートを狙うことも忘れなかったが、ゴールには
つながらなかった。


シャビ・アロンソ 5.5 

前線にボールを送らなければならなかったが、期待されたほど
決定的な働きはできなかった。有効なプレーが少なかった。


フィナン 6

ペナントの背後をうまくカバーし、セードルフを抑えた。
彼のエリアからの突破は容易ではなかった。

カイト 7 
よく動き、中盤もかなり助けていた。彼のゴールは
リバプールの大逆転の再現にわずかながらも期待を
持たせた。


ペナント 6.5  
右サイドで好プレーを見せ、ヤンクロフスキーのミス
の多さも利用していた。クロスを供給したが、前線の
チームメートがそれを生かしてくれることはなかった。


ゼンデン 5
リバプールの攻撃への貢献はわずか。
うまくスペースを作れず、ほとんど目立たなかった。
フィジカルコンディションが万全ではなかったのも
一因だろう。


キューウェル 5.5 

30分間の出場も、それほど目立つことはなかった。


アッガー 5 

インザーギは何度も彼のマークを外していた。
ペナルティーエリア内で彼のような選手をフリーに
させてしまうことは許されない。

決勝の映像








サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ


posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年05月24日

ミラン優勝!注目のヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝

今朝、終わったヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝
ミラン対リバプール。

2年前のイスタンブールでの激闘の末、リバプールが
掴んだビッグイヤー。
今年はどちらが掴むのか?と注目していました。

夜中の3時半キックオフは少し困ったものですが、
頑張って早起きして観戦しましたよ。

結果はミランがインザーギの2得点で2対1で勝利
しました。

残り3分でリバプールのカイトが1点返した時には
イスタンブールの再現かとワクワクしましたが、
ミランが時間を有効に使って逃げ切り、7度目の栄
光に輝きました。

前半開始からリバプール優位の展開に。
特に右サイドのペナンが何度もチャンスを作ってい
ました。ジェラードも積極的に攻撃参加しシュートを
放ちます。ボール支配率でリバプールが6割程度だと
思われました。

でも1点が取れなかったことがリバプールから勝利の
女神が逃げて原因でしょう。

前半のインザーギの得点も、ピルロのフリーキックが
ラッキーな形でインザーギの身体にに当たったもの。

こういう点も、今日はミランにつきがあったように
思えました。

リバプールで目に付いたのは、やはりスティーブン
ジェラードですね。強引とも思える突破、シュート
は群を抜いています。シャビ・アロンソの正確な
プレーとパスセンスは光るものがあります。
後半に得点をしたカイトの運動量も際立っていました。

しかし、今日は、ミランのマルディーニ、ネスタの
イタリア代表コンビ、ガッツゥーゾ、ピルロ、
セイドルフの献身的な中盤。
そして、カカ、インザーギの攻撃陣

ミランの選手が特に後半は要所要所を守り、カウンター
攻撃をしかけ、一瞬の隙にシュートを放つ動き。

リバプールを上回っていました。

ミランのビックイヤー獲得は順当でしょう。
来年のクラブワールドカップが楽しみです。

ミランインザーギの2点目の画像です。









サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ


posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 09:29 | Comment(2) | TrackBack(3) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年05月23日

いよいよ、今夜ミラン対リバプール!

サッカーヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝、
ミランリバプール、今夜キックオフです。
決勝の行われるアテネでは警備体制も整い刻一
刻開始時間がくるのを待っています。

さて今回のミランリバプール見所はどこでしょう?
私なりに考えてみました。

まず第1には注目していることは、
2年前の決勝の再現であること。
しかもミランにとっては3対0から、後半の時間に
して僅か6分間て追い付かれPK戦で敗退するという
イスタンブールの屈辱を味わった戦いの再戦だとい
うことです。
あの試合は3対0になった瞬間に誰もがミラン
勝ちを確信したでしょう。

次に私が注目しているのが、
ミランのカカ対リバプールのディフェンダーの争いです。

決勝までミランがこれたのもひとえにカカの力だと
誰もが認めるところです。
セミファイナルのマンチェスターユナイテッドは特に
ファーストレグでのカカの2得点で負けたようなものです。

その意味で、ミランの出来はカカの出来でもあります。
まあ、あの試合はマンチェスターのファーガソン監督が
なぜカカを潰す作戦を取らなかったのか不思議でしたが。

リバプールのベニテス監督はカカとセードルフを潰す作戦を
取ってくると私は考えます。

チャンピオンズリーグ決勝は一発勝負、サポーターの数は
どちらが多いのか予想できませんが、
盛り上がるのは間違いなし。

私は特にどちらかのサポーターではないので、とにかく
凄い試合、いいプレーをこの目で見たいです。

いつもスカパーでしか見れないチャンピオンズリーグ
ですが、決勝はフジテレビが放映します。

見ましょうよ、みんなで!

チャンピオンズリーグ決勝、ミラン対リバプール

カカのマンチェスターユナイテッド1STレグの2点目






サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年05月03日

ミラン強かったですね!

ミラン快勝!
今終わった、サッカーヨーロッパチャンピオンズリーグ
準決勝ミランマンチェスターユナイテッドセカンドレグ。
急遽振り出した大雨。
どういう展開になるかが気がかりでした。

流を掴んだのはホームスタジオジュゼッペメアッツアに
戻ったミラン生き生きとしていました。

直前の国内リーグを休んだミランのカカは体調もすこぶる
よく、カカの緩急をつけたドリブルにマンチェスター
ディフェンスは振り切られる場面が多々みられました。

カカがボールを持つと、危険な香りがプンプンしてました。

対するマンチェスターの期待のルーニーロナルドは、
うまく押さえられていました。これがマンチェスター
ユナイテッドの誤算だったでしょう。

ロナルドのドリブルは切れていましたが、雨で滑るピッチに
なかなか思うように、切り込めません。
また、ミランもロナルドのドリブルを中央に進ませない
守りでした。ロナルドが中央突破すれば、かなりの確率で
シュートにまで持ち込まれますからね。

カカの早い時間の得点も、切れのいいシュートでしたし、
続くセードルフの得点はマンチェスターユナイテッド
ミスから、一旦バックスにクリアされかかったボールを
セードルフが粘ってもぎ取ったものでした。

後半にマンチェスターユナイテッドの逆襲が期待されましたが
前半からの悪い流れは、好転しません。

そうこうするうちに、交代出場のジラルディーノが逆襲
から、フリーに、ジラルディーノはいつもに似合わず
落ち着いてゴール右隅にゴール。

マンチェスターユナイテッド万事休す

延長に持ち込むには2点が必要でしたが、もはや、
マンチェスターユナイテッドにその意欲、力もない
感じでした。

このまま終了のタイムアップ。3対0でミラン勝利!

応援していたマンチェスターユナイテッドが負けたこと
は非常に残念ですが、ミランの戦いぶりには頭が下がる
思いです。

サッカーってホームチームがアドバンテージを持つん
ですね。少し不思議ですね。

日本では、こうもホームが強いわけではないような
気がしますが、どう思われますか?

決勝は、ミランリバプールになりましたね
面白い戦いになりそうです。





サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ



posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年05月02日

リバプール決勝進出!!

リバプール決勝進出!

今終わったばかりのリバプール対チェルシー戦。
見ましたか?

ファーストレグはホームチェルシーが勝ち、アドバンテージを
持って望みましたが。

結果は延長終了後もトータルスコア1対1で決着つかず。

PK戦の末リバプールが勝ちました。
昨日私が、アウェーゴールを奪えればチェルシーが有利、
でなけばリバプールにも勝機ありと予想した通りの結果でした。クラウチの得点はなかったですが。

この試合はリバプール、チェルシーともほとんどミスがなく、
汚いプレーも見られず内容の濃い戦いでした。

序盤からホームリバプールがボール支配率でも圧倒しホームの利を活かしていました。

そういう流れのなかで、セットプレーからのサインプレーにより、アッガーゴール左隅にゴールを決めました。
キーパーが同サイドにいたにもかかわらず、止められませんでした。

その後もクラウチのヘディングシュート、後半にも惜しい枠内シュートがありました。

チェルシーはバラック、シェフチェンコ等の選手を欠き、ドログバも不発でした。

PK戦突入の瞬間にリバプールだな、流れはと思いましたね。
結果はその通り2人外したチェルシーに対してリバプール
全員決めました。

決勝の相手はズバリ、マンチェスターユナイテッドと予想します。

さあ、5月23日、アテネの決勝が楽しみです!


サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ



posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 08:39 | Comment(0) | TrackBack(4) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年05月01日

いよいよチェルシー対リバプールセカンドレグですね

今夜、いよいよチェルシーリバプール
ヨーロッパチャンピオンズリーグ準決勝
セカンドレグ第1戦ですね。

第二戦は、リバプールの本拠地アンフィールドです。

チェルシーのモウリーニョ監督は敵地で1点取れば
勝つと自信を見せています。
ドログバが絶好調なのが、チェルシーには追い風かな
とも思いますが、

以外にこういう戦いは、リバープールにも勝機は十分に
あるようにも思えます。

クラウチあたりが、ゴールを決めそうな予感もします。

どうでしょうね?

チェルシーが1点先制すれば、チェルシーが勝ちそうな
気がします。

リバプールがどれだけドログバを押さえられるかですね。

注目の一戦に注目しましょう。

リバプールの以前の戦いはこちらへ




サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ




posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 11:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年04月26日

チェルシー先勝!

チェルシー先勝です。
サッカーヨーロッパチャンピオンズリーグ準決勝
チェルシー対リバプール1st regはホームチェルシーが
ジョーコールの得点を守り切り1対0で勝利しました。

プレミア同士の戦いとして注目を集めた一戦はこれまで
の相性どおりのチェルシーが勝ちましたね。

チェルシーのモウリーニョ監督は戦前、バラックら怪我人
が多いチェルシーは不利だと言っていましたが、最小得点
で勝ちました。

試合後は逆にアンフィールドで一点を奪えば、決勝進出は
確実だと自信満々に語っていました。

リバプールにアウェーゴールを与えなかったことは価値の
あることです。

ただ、この結果では次のリバプールのホームの戦い次第で
なんとでもなるとうことですね。

5月1日が楽しみですね。
決勝はマンチェスターユナイテッド対チェルシーを期待して
います。

サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年04月25日

マンチェスターにとってはどうかな?

マンチェスターユナイテッド勝利です!
早朝行われたヨーロッパチャンピオンズリーグ準決勝
1st regマンチェスターユナイテッド対ミラン御覧に
なりましたか?

結果は3対2でマンチェスターユナイテッドの勝利に終わりました。

クリスチャン・ロナウド、ルーニーの活躍で試合としては非常に
面白いものでした。ロナウドとルーニーは絶好調ですね。
ロナウドのドリブル、誰も止められませんね。
ルーニーの冷静沈着さはどこからくるのでしょう。

日本に帰化してください(*^_^*)
まあ、冗談はさておき、マンチェスターユナイテッドは後半の
流れではもう2点程欲しかったというのが本音じゃないかな。
流れからは取れてもおかしくはなかったですからね。

対するミランというよりも、カカは非常に切れています。
ミランにカカがいなければ、ここまでは絶対これてないですね。

カカも日本に帰化させましょう。なんてね。

ミランはアウェーゴールを2点取ったのですから、
次回のホーム、スタジオジュゼッペでは逆転も十分可能ですね。

それにしても、ヨーロッパチャンピオンズリーグってなぜこれ
ほどまでにレベルが高いのでしょう?ただトヨタカップでは
なぜ最近勝てないのか不思議ですね。

次回の戦いはどうなるでしょう。
個人的にはマンチェスターユナイテッドを応援していますが、
いい戦いを望みます。

映像はマンユー対セルティックです。



サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年04月11日

びっくりマンチェスターユナイテッド

ウアー、マンチェスターユナイテッドには驚いた!

ヨーロッパチャンピオンズリーグベスト4をかけた2NDレグ。
先程終わりました。
注目のマンユー対ローマ。マンユーが爆発。7対1という
ベースボールのような結果になりました。

スタジオオリンピコからホーム、オールドトラフォードに戻ってきたマンチェスターユナイテッドの選手達、水を得た魚のように活躍でした。
クリスチャンロナウド相変わらず切れています。ルーニーもこれぞフォワードという存在感。
勝ってあたり前のような選手達ではありますが、7点とは、
恐れ入谷の鬼子母神!
です。
これで決勝はイングランドプレミア勢で争うことになる確立が50%になりましたね。

ところで、チャンピオンズリーグの準々決勝という大舞台で7点取った試合は過去にあったのでしょうか?
誰か教えて!

サッカーだよ、サッカー!you tube video トップへ



posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年03月08日

ロナウジーニョも消えました。

バルセロナのロナウジーニョ終わっちゃいましたね。
リバプールうまかったですね。

それにしてもロナウジーニョ、メッシ、エトーのトライアングルも不発でしたね。

やっぱりエトーはまだ本調子ではなかったように思えましたね。
皆さんはどう思いましたか?

今年のバルサはどうも調子がでませんね。リーガでも直前で負けましたからね。
一方リバプール、堅守でした。イングランドのサッカーをしていましたね。

ジェラードも力強かったです。

ベストエイトにプレミアのチームが3チームも残りましたね。チェルシー、マンユー、リバプール凄い顔触れですね。
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年02月22日

バルセロナ!あーあ!

今朝程終わった、バルセロナ、リバプール戦見ました。4時半に起きてスカパーで見ました。
個人的に一番注目していた戦いであったので見ました、ライブで見ました。
バルセロナらしくない戦い方でした。特に後半はボロボロという感じでした。
前半は序盤からホームバルセロナが華麗なパス回し、ロナウジーニョらの個人技で圧倒していました、ザンブロッタからのクロスにあわせたデコのヘディングによる先制ゴールは見事な展開による得点でした。小柄のデコがノーマークで決めたのですからね。この調子で戦えば3対0かななんて思って見ていましたが、リバプールのディフェンス陣はなかなかの強者ぞろいゴールを割らせません。
この展開で得点を奪えないとサッカーでよくありがちのやばい展開になるんじゃないかな?
でもバルセロナのほころびは思わぬところからやってきました。
前半終了間近にリバプールのベラミーがヘディングシュート、キーパーバルデスがキャッチして終わると誰もが思った瞬間、バルテスが足元が滑ったのかゴールの中に入るようにキャッチ。このままでは自分と一緒にゴールに入ってしまうと判断したのでしょう。ボールだけをゴールラインの外側に置きました。ラグビーでゴール前でタックルされて、ボールだけをラインの中にタッチダウンするのとよく似ていました。
思わず、ラグビーか?とたかアンドとしばりの一人突っ込みをテレビの前でしたのは私だけでしょうか。
ボールをそのままバルテスがおければ難は免れたかもしれませんが、無常にも手から離れます。万事休す。この得点を境にしてペースが完全にリバプールなりました。アウェーゴール制度により1対1の引き分けはリバプールにとっては願ってもないこと。
あわよくば勝ちにいくという戦い方を徹底します。
それがリーセの得点で現実になりました。
後半のバルセロナの戦い方は昨年までならなかったと思います。
昨年のようにぶっ千切りのリーグ優勝を決めている状態だとチャンピオンズリーグを睨んだ国内リーグ戦での戦い方ができますが、今年は無理ですよね。

3月6日のリバプールでの第2戦、背水の陣のバルセロナどう戦うでしょうか?
エトーの復活が待たれますね。
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2007年02月21日

さあ、いよいよバルセロナ、リバプール戦です!

さあ、今日はバルセロナとリバプールの戦いです。ヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦では、個人的には最も注目している一戦です。
だって昨年と一昨年のチャンピオン同士の戦いですから。
トヨタカップでは両チームを観戦している私にとっては、どちらにも勝ってほしい気分です。
バルセロナはロナウジーニョもメッシも元気に練習していました。対するリバプールもジェラードをはじめ主力メンバーが妥当バルセロナに燃えています。
バルセロナは直前のリーグではバレンシアに競り負けているため、調子を落としているかに思えますが、昨日のライカールト監督の記者会見では、この試合に集中している様子がうかがえました。
運命のファーストレグはあと10時間です。
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2006年12月08日

チャンピオンズリーグベスト16出揃う!

チャンピオンズリーグはとうとう1次リーグ最終節を終えましたね。
中村俊輔の属するグループFはマンチェスターユナイテッドがリーグ突破しました。
既に突破を決めているセルティックはコペンハーゲンに1−3で破れました。
中村のベスト16以上の活躍を期待しています。

中村俊輔のフリーキックの動画(youtube)はこちらへ
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2006年12月06日

バルセロナやりましたね

チャンピオンズリーグで危機にたっていたバルセロナがブレーメンに2−0で快勝。1次リーグ突破を決めました。

よかったです。

来年もクラブ世界一決定戦で見れる可能性があるということですね。

後3日でトヨタカップですね。
スタジアムに行こう!
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパチャンピオンズリーグ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。