スポンサードリンク






スポンサードリンク

2007年02月07日

我が家の息子の話

父親のサッカー好きが移ったのか、息子は二人とも地元の少年サッカーチームに入っています。

先日は長男の上達ぶりを書きました。
今日は下の息子の話題です。

先日バルセロナ戦はライブで録画していました。3時から7時迄の放送ですから見れる訳ないのです。

朝6時半頃子供がリビングでなんとリーガ見ていました。それも分かったようなことをぶつくさ言って見ているので可笑しくなっちゃいましたよ。

その後、お父さん、ロナルジーコ(本人はロナウジーニョのつもり)が今日は出ていなかったよ。

ロナウド、ロナウジーニョとジーコを足して3で割ったような名前にも吹き出しました。

僕はデコが好きだよ。

おまえ渋いなあ、玄人好みだなあ!何でデコが好きなの?

だって、おでこでしょうだって。訳わかんないです。でも、子供っておもしろいですね。
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2007年01月24日

サッカー選手の移籍とお受験の関係?

今日はちょっと変わった話題です。
本日の日経スポーツ欄のコラムからづす。(武智さん)

Jリーグではこの時期、来年度新体制に間に合うように、ギリギリの移籍が持ち上がります。

この時期が受験シーズンとかさなるのはあながち偶然ではないらしいのです。

選手にとって移籍は重大事です。サラリーマンの転職と同じですから。

ある外国人選手は土壇場で奥様の地震のある国には行きたくないの一言でご破算になったこともあるそうです。

子供の教育問題も一大事です。母国語を話させたいとインターナショナルスクールに通わせる外人選手もいます。

東京大阪のチームならそれも可能でしょうが、Jリーグはホームタウン制を敷いているので地方にもチームがあります。
家族を都心に自分は練習場まで遠距離通勤をする選手もいるそうです。

日本人選手でも事情は同じで就学時期になるとお受験の問題に直面します。

私立の充実した東京大阪ならいいのですが、そうでないチームに属する選手は泣く泣く移籍するのです。

去られるチームにしてみれば働き盛りの社員がやめていくことになるのです。

こんなところにも受験が関係があったのですね。
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年12月28日

液晶テレビ買っちゃいました!

我が家も液晶テレビをとうとう買っちゃいました!
40インチ以上を買おうかなと思ったんだけど。
37型の値頃感にまけて37型アクオスのNEWモデルを買っちゃいました。フルスペックを楽しめる。
ルンルンと家で配線してました。
これでサッカー見たら感動するよなー。
俊輔、ロナウジーニョを大画面で見れる。

ところがうちはマンションの地上波をケーブルテレビから供給を受けているのです。
そのケーブルテレビが地デジの供給方法がパススルー方式ではなかったため。
今は地デジが見れないのです。

ガーン!
しっかりしろよ多摩テレビ!
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年12月21日

アビスパ福岡の新監督にリトバルスキーが決定

今期の入替戦でヴィッセル神戸に破れ来期J2降格が決定した
アビスパ福岡の新監督に元西ドイツ代表、W杯でも大活躍、Jリーグ創設当初にジェフに在席した
リティーことリトバルスキーに決定しました。
それにしてもリティーは日本に縁がありますね。
確か奥さんは日本人ではなかったかな?(不確か、間違っていたらごめんなさい)
アビスパを1年で昇格させられるかが手腕の見せ所ですね。

期待しましょう!
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他

2006年12月20日

宮本、サントス海外移籍決定か?

かねてから交渉を勧めていたガンバの宮本とレッズのサントスの移籍先が決まりました。
2人ともオーストリアのザルツブルグです。

ザルツブルグと言えばモーツァルトですね。

何とか2人とも頑張って欲しいですね!
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年12月13日

次回ワールドカップのアジア枠

2010年南ア大会でのアジア出場枠が先日決まりましたね。
4.5枠のままとなりました。
これはオーストラリアがアジア予選に参加することから決まった
とされています。

これは当り前であって、オーストラリアは前回の出場国。
しかも予選リーグを突破したアジア・オセアニア勢では唯一の国。

仮に4.5枠が削減されていたら、実質的には1枠減になるところ
でした。

今回5.5枠になってもいいとも思うのですよ。
(実際に、1国が加わって1枠増とは考えにくいので
心情的にはという意味です)

また、0.5枠、即ちアジアで5位の国がプレーオフを戦う
地域がこれまでの南米から、オセアニアに変わったことで
0.5枠をアジアが取れるとの意見も多いです。

一見、そう見えるかもしれません。

でも、どうでしょう?

今回のトヨタカップに出ているオセアニア代表チーム
オークランドシティーはニュージーランドですよ。

オーストラリアではありません。

それもアマのチームです。

ニュージーランドはオーストラリアが抜けた後、急速に
チーム力アップを図っています。

かつてもオーストラリアがそうであったように、
元々ラグビー等のボールゲームが好きな国です。

指導者如何で、強いチームになるのではないでしょうか?

ニュージーランドを侮っては、アジアも危ないです。

でも、日本の実力がアジアでは、トップ3にいることは
間違いないですから。

今後もJを中心にした強化策を着実にこなしていけば

本大会出場は十分に可能だと思います。

頑張れ、日本!
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。