スポンサードリンク






スポンサードリンク

2007年01月11日

高校サッカーを見ていて感じたこと

盛岡商の優勝で幕を閉じた高校サッカー。

見ていてどう感じましたか?
私はいくつか感じた点があります。

(1)有名高、有力高が早々と姿を消しました。

  国見等の有力高が姿早々と姿を消しました。
  これは、地域間の格差がなくなった証拠だと思います。

  いまだに一部の有力高しか優勝しない高校ラグビーとの
  違いだと思います。

  高校サッカーにも、高校野球のような波が押し寄せて
  いるということでしょう。

(2)戦術的にはどうか?  高校サッカーを見ているうちに何だか妙な感覚に
  囚われました。何でだろうと考えているうちに

  あッ最近の日本代表戦に似ている。どこが似ているのかと言うと

  陣形です。バックラインと前線を非常に狭くしてコンパクトに保っています。今の流行の戦術です。

  これは日本代表に限らずどこの国もやっているじゃない。何で日本代表なのと思われるでしょう。

  どこの国もやっています。でも日本代表はそのコンパクトな陣型から自分自身も抜け出せないのです。
  自分自身も抜け出せずにいます。攻撃にならないのです。

  高校サッカーでも同じような光景を何度となく見ました。

  さすがに決勝まで進んだ盛岡商と作陽高校には2列目からの飛び出しドリブルでの突破等アイデアが見られました。

  大人の真似なんかせずに少々荒っぽくてもいいから元気のいいサッカーをして欲しいと感じました。

 (3)全体を通して

  とは言え、高校サッカーのレベルは確実にあがっています。

  今まで名前のあがっていなった高校、注目されていなかった地域の高校が活躍することからも底辺の拡大が感じられました。
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校サッカー

2007年01月08日

盛岡商業優勝おめでとう!

高校サッカー決勝、盛岡商業が見事な逆転勝ちで、岡山代表作陽高校を下しましたね。

本当にお見事としか言えない勝利でした。

後半ペナルティーキックを外した盛岡商業の林選手が1点を決めた時、私はよかったなあと思うと同時に盛岡商業にツキも味方している。
盛岡商業の勝ちだなあーと確信しました。

盛岡商業の高校サッカー日本一はツキだけではありません。
降雪地帯の冬場を徹底的に走り込みに充て、体力、走力の強化に努めたことが勝利に結び付いたのだと思われます。
この試合でも決勝点となった2点目は左サイドを深く切り込み、マイナス方向に戻したセンタリングによるものでした。
こういうプレーはなかなかプロでも見れないですよ。
おめでとう盛岡商業高校サッカー日本一!
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高校サッカー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。