スポンサードリンク






スポンサードリンク

2008年02月21日

東アジア選手権日本代表対中国代表

昨日のサッカー東アジア選手権日本対中国戦を見てて、あまりにも酷い中国の対応、観客と言うより、中国の選手の悪質なプレーとともに、北朝鮮の審判の判定には憤りを感じました。特に、後半の安田選手への、中国のキーパーの飛び蹴り。あれはどうみてもカンフーの飛び蹴りですね。先程WEBのとあるページでこのシーンと見て、再確認しました。あの行為を一発レッドカードせずに、イエローで済ます審判にも、首を傾げました。安田選手の状態を私は知りませんが、あれで骨折でもすれば、以前のオリンピック代表時代の小野選手のように貴重な戦力を一時的にいやもっと長期間に亘って、欠くことになるかもしれません。

TBSの放送では、今回は友好的にサッカー観戦しようという中国政府のお達しがあり、友好的な観戦が期待できると言っていましたね。確かに観客は以前よりは数段友好的だったかもしれません。いいプレーには拍手喝さいを送るような状況でした。でも肝心の選手達、審判があのようでは、中国もどうなんでしょうか?北京オリンピックを控え大丈夫なの?と思ってしまうのは私だけではないと思います。

昨日のサッカー日本代表の出来に関しては、北朝鮮戦に比べると、良かったと思います。先発メンバーを大幅に変更したこと奏功したとも言えるでしょう。中盤の中村憲剛選手、トップ下の山瀬選手も日本代表にメリハリをつけるのにかなり効いていました。フォワードの田代選手も足元のボール裁きには若干ながら弱点はあるものの、前線でワントップの役割りをこなしていました。山瀬選手の1点目も田代選手の頑張りによるところが大でしたね。

と昨日の東アジア選手権、日本対中国戦は、色々ありましたが、ひとまず勝ってよかったということでしょう。


東アジア選手権日本対中国戦の画像はここ

posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表

2007年07月23日

アジアカップ準決勝の敵は・・

サッカー日本代表がオーストラリアを下し見事4強に進出しました。ただ日本代表の次なる難敵は、準決勝の日本代表の相手のサウジアラビアだと思いますか?いやいや実は敵は日本代表の内にあると思います。オーストラリア戦に全勢力を注ぎ込み、やっと手にした勝利です。こういう時は往々にして次の戦いに気が入らないことがあります。思い起こせば、ワールドカッブアメリカ大会予選の所謂ドーハの悲劇においても、我が日本代表は、宿敵韓国を下した後イラクに苦杯をなめたわけです。

あの時の日本代表は全員と言っていいほど、皆泣いていました。今でも覚えているのはインタビューでのカズこと三浦知良の号泣です。あの時は私も一緒になって嬉し泣きをしたので、厳しいことは言えませんが、日本代表の本当の涙はイラクに勝ってから流すべきだったのです。今回のアジアカップで、次の対戦相手は中東の雄、サウジアラビアです。一時期は世代交代にてこずり、やや停滞の感のあったサウジアラビアですが、対ウズベキスタン戦、戦い方は、上手いです。ゴール前でもパス回しは、日本を凌ぐスピードがありました。特にウズベキスタン戦の2点目は見事なパスワークでした。

日本代表の選手のインタビューを聞いていると、今のところ日本代表選手の気の緩みは感じれません。オシム監督も勝利の後にも拘らず、結構きつめのミーティングをもったという情報もあります。ドーハの悲劇時に比べると、選手、協会とも経験値が上がったということでしょうが、本当に気を緩めずに、準決勝を戦ってほしいと思います。実力からすれば、サウジアラビアより、日本代表は上です。ハノイでの5戦目、地の利を生かして、サウジアラビアに勝ってほしいです。頑張れサッカー日本代表!決勝進出を果たせ!

日本代表対オーストラリア代表、PK戦画像はこちらへ







サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ


posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表

2007年07月16日

サッカー日本代表、アジアカップ1次リーグ貫禄で1位突破

サッカーアジアカップ日本代表、対ベトナム戦、実力通りの勝利でした。アジアカップは1次リーグ初戦のカタールと後味の悪い終わり方だったので、少しだけ心配しましたが、本日のサッカー日本代表の戦いを見て、流石日本の実力はアジアカップの参加国の中では抜きん出たものだなあと改めて思いました。特に日本代表のパス回しはアジアの他国では到底まねの出来ない技術です。力強さの点では韓国、オーストラリアにはありますが、このパス回しだけは、今の日本代表しか持っていません。オシム監督の人も動いてボールも動くサッカーという戦術が徐々に浸透してきた証拠でしょう。

今日の日本代表対ベトナム代表戦は、FIFAランキングでは遥かに格下の相手。ただホームの圧倒的な声援、環境慣れはベトナムにも風が吹くのではという予想もありました。私自身は日本の5対0での圧勝を予想していましたが。ホームの声援に後押しされて、試合開始から目の色を変えてベトナムの選手は格上の日本に挑んできました。ただ惜しむらくはベトナムの選手でまともに日本と戦えるのはレコンビン選手くらいです。レコンビンとコンビを組むファンタインビンは先発ではなく、あくまで守備的な布陣を敷いた戦いしかできない今のベトナムは、現在の日本代表と戦うにはあまりにも戦力不足です。

対する日本代表は、個々の能力、センス共ベトナムを上回っています。特に今日は遠藤中村俊輔の活躍が目立ちました。中村俊輔の相手の先制を受けた5分後の左サイドを個人技で巻にあげたセンタリングは、中村俊輔でなくては出来ないものでしょう。体の切れを感じたプレーでした。遠藤は4点ともに絡む大活躍。日本代表では今まで今ひとつ実力を発揮できていない印象もありますが、今日の遠藤は違いました。一味も二味も。二点目となるフリーキックは相手の壁がやや雑だったせいもありますが、狙ったところに蹴れる技術は流石の一言です。はようやく得点が取れました。しかも2点もやっと目覚めた大器ということでしょうか。

さあ、次は、宿敵オーストラリア。オシム監督の戦術の伸等を本当に図る絶好の機会です。
日本代表は昨年のドイツワールドカップオーストラリアには苦杯を舐めさせられました。中村遠藤駒野にとってはリベンジの機会です。絶対に勝ちましょう。サッカー日本代表頑張れ!

サッカー日本代表対ベトナム戦の画像はこちらへ






サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ



posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2007年06月06日

日本代表キリンカップ辛くも優勝

サッカー日本代表キリンカップで強豪コロンビアと
引き分け3年ぶりに優勝!

サッカー日本代表の昨日のコロンビア戦、私の目には、
最低の内容に映りました。ただこれは日本代表が最低
と言っているのではなく、昨日の日本代表対コロンビア
戦の内容が最悪であったと言っているわけです。

昨日の日本代表は先発メンバーのヨーロッパ組のできが
最悪でした。特にトップ下の稲本、最悪!とっととこの場
を去れといいたくなる内容。これがヨーロッパを渡り歩い
てきた選手かと思うほどでした。コンディション不良は明
らかでした。中田も同様、スイスバーゼルでレギュラーを
はっている選手にはとても思えません。

オシム監督は神風システムと言っていましたが、これは
オシム監督の自作自演の感じもあります。

日本代表には上手くても走れない選手は要らないということ
をアピールしているように思えました。
後半日本代表は不出来の稲本と中田にかえ、羽生と今野を投入。
ここから動きがよくなったことを考えるに、ヨーロッパ組は
なんなんだろう?と思わざるを得ません。

先発していると言っても所詮トルコやらスイスといった海外
リーグでは1流とは言えないリーグ。高原や中村俊輔を除いては、
その他の海外組はこんなものかと思ってしまいました。

アジアカップでの日本代表はどの布陣をオシムは選ぶかな?













サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ


posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2007年06月04日

なでしこジャパン韓国に快勝!

サッカー日本代表女子なでしこジャパン
北京オリンピック予選で韓国に快勝したした。

昨日のなでしこジャパン対韓国。なでしこジャパン
が6対1で快勝しました。

なでしこジャパンは序盤から韓国を終始圧倒。
先制点は9分、宮本の鮮やかなボレー、少し下がり
ながらのボレーは難しいのですが、綺麗に決まりました。
早い時間の先制点にもなでしこジャパンは手を緩めません。
なでしこジャパンのボンバー荒川が懸命にポスト役をこなし、
なでしこジャパンのエース沢も足技が冴えていました。

後半なでしこジャパンも少しペースを落とした感は否めま
せんが。2点を奪ったなでしこジャパン。

気が付けば6点とっていました。
なでしこジャパン強いぞ。

次のなでしこジャパンの戦いは10日の韓国でのアウェー戦
です。
ホーム韓国の巻き返しも予想されますが、

今のなでしこジャパンなら大丈夫!

頑張れなでしこジャパン



なでしこジャパン韓国戦






サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ


posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表

2007年05月18日

オシム・ジャパン 強豪カメルーンと対戦へ

オシムジャパンが強豪カメルーンと対戦へ

サッカー日本代表が8月下旬にアフリカの超強豪、
カメルーン代表と国内で国際親善試合を行うことが
16日、判明しました。

カメルーンは世界最高FWの1人に挙げられるサムエル
エトー(26)=FCバルセロナ=らタレントぞろい。
世界基準でオシム・ジャパンの実力が問われる一戦と
なりそうです。

カメルーンといえば、“不屈のライオン”として知られ
ています。カメルーンとの対決は、壮絶な争いとなること
は必至だ。

開催予定日の国際Aマッチデー、8月22日は北京五輪
アジア最終予選の開幕節が行われるため、カメルーン戦
は21日あるいは23日の開催も検討されている。

1日前後した場合も、国際Aマッチデーと同様の扱いと
して、両チームは欧州クラブ所属の選手を招集できる見
込みです。

けた外れのスピードを誇るエトーらを擁するカメルーン
を、MF中村俊輔(28)=セルティック=を中心とし
日本代表が迎え撃ちます。

非常に楽しみです。

エトー見たいですね。凄いでしょうね。



DVD 日本代表 108ゴールズ






サッカーだよ、サッカー!you tube video TOPへ
posted by たけ@永遠のサッカー小僧 at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。